就職希望の会社に合わせて履歴書(レジュメ)を作りましょう


日本国内にいる人でも海外への移住を考えている人がたくさんいます。日本にも魅力はたくさんありますが、海外に飛び出すことで異なる価値観や文化に触れることが出来ます。日本との距離が近く、物価も安いので台湾は人気のある国です。料理もおいしく、さまざまなことを経験できるチャンスがあります。

台湾で働きながら生活をするときには、どのようなことが必要か知っておきましょう。まずは、就職活動をするときにはレジュメと呼ばれるものが必要です。日本で提出する履歴書や自己PR文とはちがうところもあるので注意しましょう。日本の場合には、就職を希望する職種と関連性をもたせながら自己PR文を書いていきます。得意なことや経験から活かせるものをアピールするのです。しかし、台湾の自己紹介文の場合には仕事に対する考えや今まで経験したことに対する考えなどを重点的にアピールするといいでしょう。

志望動機も企業に貢献するといった内容よりは、過去に行っていた努力を仕事にどのように活かせるかをアピールすると良いでしょう。レジュメも同じように書いていくと印象がいいものを作ることができます。

また、台湾で就職をするときには中国語と英語が主な言語になります。書き方としては、英語と中国語と必要によっては日本語のレジュメも作成しておくと良いです。複数の言語で作成することで、ある程度のレベルまで教養をもっていることを見せることができるからです。就職をする企業にあわせて作成していきましょう。