現地採用で求められる日本人の人材、即戦力と語学力


最近は日本に海外の人が働きにやってくるのではなく、日本人が海外に仕事を求めて行くケースが増えてきています。その理由として国内の税金や物価の高さ、年金に対する不信感、さらには労働における条件など、さまざまなことを考えて海外で働くことを選ぶ場合があるのです。

特に人気が高まってきているのが台湾で、比較的日本から近く気候がそれほど辛くないこと、現地の人たちが友好的であること、何よりも物価や土地の安さが魅力となっているのです。しかしながら台湾での仕事を探す日本人が増えてくると、やはり求められる人材というのが出てくるのです。それではどういったものが必要になってくるかというと、即戦力となれる経験者は需要が高くなっていて、そしてある程度の現地の言語を話せるようになっておけば、まず仕事に困ることはないはずです。台湾の場合、取引先が日本企業であることも多く、現地の人でも日本語が普通に喋れるということが多くあるので、日本人だから、日本語が話せるからといって特徴になることはあまりありません。

ただし日本語講師などの仕事の場合は重宝されることもあり、これは国内でも同様ですが、必要とされるスキルを身に着けておくことも重要になってきます。そしてコミュニケーション能力と柔軟性が大切で、お国柄という言葉もあり、その土地、その場所での仕様に慣れる必要も出てくるのです。海外で働くにはその場所を正しく認識することが大切で、折り合いをつけるのも大事になります。