現地採用で日本人が就職しやすい職種はエンジニアに偏る傾向


台湾国内において、特に日本人が採用されやすい職種もあります。

もしも、ご自身がスキルや知識、経験をお持ちでしたら、そんなに苦労をすることなく台湾での現地採用をおこなっている企業を見つけることが出来るはずです。

まず、台湾の求人が出ている職種として特に多いのがエンジニア関連の職種です。

たとえば、大学や大学院では理系の勉強をしてきていたり、日本国内での経験を持っていたりするというエンジニアですと、非常に需要が高くなっていると言えます。

こういったエンジニア職でしたら、台湾での求人案件も比較的安定していますので、いつでも仕事を探しやすいですし、現地採用としてのお給料を始めとする待遇面でもその他の職種よりも優遇されるということが考えられます。

ただし、これ以外の職種の場合には、まったく現地採用の求人が無いわけではありませんが、求人情報は決して多くはありません。こ

れには台湾の経済情勢も関係していて、現在あまり良い状況だとは言えませんのであえて日本人を採用する必要はないだろうと企業側も考えているのです。

そのため、求人情報が少ない割に求職者の応募が多いので簡単に仕事が決まるとは言えないですし、日本よりも高い報酬を得られたりするような内容の仕事に就くことは難しいかと思います。

逆に考えれば、エンジニア経験があれば優遇されるわけですから、これから台湾で仕事をしたいと考えているのならば、知識を増やしたり、勉強して資格を取得したりするのも良いでしょう。