台湾で現地採用で働く際に必要、銀行口座の話


台湾に移住したり現地で職を得ている場合には銀行口座を開設することができると便利です。現地企業に就職し給料を振り込んでもらう場合などには必須となります。台湾の銀行口座は一般的な日本の口座と同じく、必要書類がそろっている場合には比較的短い時間で開設することが可能です。中にはネットバンクに対応している口座もあるので、ネットバンクをよく利用する人はチェックしておくと便利です。また、日本に支店を持つ台湾の銀行も存在するのでこちらも何かと便利です。日本に支店があれば日本からでも出入金が可能であるからです。

台湾で銀行口座を開設する方法は、まず外国人である場合パスポートと居留証と言われる外国人登録証を用意します。基本的にはこれらが必要なものと言えますが、出国管理局で中華民國統一證號基資表を発行してもらった場合は居留証がなくても口座を開設することが可能です。台湾に住んでいない場合でも滞在先であるホテルなどの住所と電話番号があれば作ることができます。手数料は一般的に無料で、これらの書類と印鑑、パスポートを持参すると作ることが可能です。中にはキャッシュカードも即日発行可能な銀行もあるので、必要な人はそのような銀行を選んで利用すると便利です。台湾の銀行ではまず服務台という総合カウンターに行き、必要な書類の作成を行います。その後カウンターへ行き手続きとなります。日本とは異なり、本人確認の際には写真撮影をすることもあります。