現地採用の就職情報を探すには?


yoruichi
台湾で働くとなったら、日本の企業に就職をした上で台湾のオフィスなどに赴任する駐在員という方法もありますが、日本を介すことなく直接台湾の企業だったり、台湾の日系企業などに就職する方法もあります。

これは現地採用と言われており、日本国内で求人情報を探すのはなかなか難しかったりもします。

現地の会社やお店など、求人の状況は随時変わっていきますし、日本人でも働くことが出来るのかどうか、また日本人だからこそ求められている職種もあるのです。

こういった台湾の現地採用の求人情報を探したいのであれば、現地の求人誌をゲットしたり、もしくは現地採用の求人情報を扱っている人材紹介会社などをチェックしてみると良いでしょう。

また、日本人であっても台湾人であっても、実際に今現在台湾に在住している知り合いなどがいれば、紹介してもらったり、情報を教えてもらったりするのが何よりも間違いない方法だと言えます。

台湾で就職や転職を考えているから、考えるより行動してしまった方が早いだろう!と思って、現地に行ってしまっても、働き先が見つかるかどうかも分かりませんし、就労ビザ取得の問題も出てきます。

一度実際に現地の状況を知りたいのであれば、観光のような感じでしばらく滞在して情報を探した上で実際に行動に移したとしても遅くはないかと思います。

日本人が現地で働く場合にはまずはきちんとビザを取得しないといけませんから、ビザ申請のサポートをしてくれるのかどうかということもチェックポイントです。

台湾求人と日本人の諸事情をご確認ください。

台湾企業への就活の最初、書類のカバーレターの書き方


台湾企業での就職を成功させるために、きちんとしたカバーレターの書き方を覚えましょう。

まず、文字を手書きで書き入れてはいけません、パソコン等を使ってタイプ入力するのが基本です。
用紙のサイズはビジネス文書の書式で用紙1枚にまとめます、住所と日付、続いて宛名、書き出し、本文、結び、署名の順番を守りましょう。
本文には自分のアピールポイントを強調します、謙遜せず、自分の素晴らしさを伝えます。
台湾では公用語が中国語ですので、出来る限り中国語で書くのが良いでしょう。
最後の結びには、カバーレターと履歴書を読む時間を費やしてくれたことにお礼を書き、面接の依頼も忘れずに書くことがマナーです。
書き終えたあとのチェックも重要です、僅かな記入漏れや誤字脱字を見落とさないようにしっかり確認します。

うっかりやってしまいがちなことが、担当者の名前を書かずにカバーレターを送ってしまうケースです。
全ての担当者がそうと言う訳ではありませんが、担当者の名前すら調べないというのはこちらのやる気が伝わりません。
台湾企業人事部担当者様、というような書き方ではなく担当者のフルネームを調べて記載しましょう、その名前が女性にも男性にもあるような名前の場合は事前に電話をして確認しておくと、自分がその企業にどれだけ熱意を傾けているか、が担当者に伝わるので好印象を与えることができます。

企業によってカバーレターの内容を変えることも大事です、同じものをコピーして使いまわししていると採用の対象にすらならない場合もあるのです。

企業に対する熱意、マナーを忘れずに書いてみてください。

就職希望の会社に合わせて履歴書(レジュメ)を作りましょう


日本国内にいる人でも海外への移住を考えている人がたくさんいます。日本にも魅力はたくさんありますが、海外に飛び出すことで異なる価値観や文化に触れることが出来ます。日本との距離が近く、物価も安いので台湾は人気のある国です。料理もおいしく、さまざまなことを経験できるチャンスがあります。

台湾で働きながら生活をするときには、どのようなことが必要か知っておきましょう。まずは、就職活動をするときにはレジュメと呼ばれるものが必要です。日本で提出する履歴書や自己PR文とはちがうところもあるので注意しましょう。日本の場合には、就職を希望する職種と関連性をもたせながら自己PR文を書いていきます。得意なことや経験から活かせるものをアピールするのです。しかし、台湾の自己紹介文の場合には仕事に対する考えや今まで経験したことに対する考えなどを重点的にアピールするといいでしょう。

志望動機も企業に貢献するといった内容よりは、過去に行っていた努力を仕事にどのように活かせるかをアピールすると良いでしょう。レジュメも同じように書いていくと印象がいいものを作ることができます。

また、台湾で就職をするときには中国語と英語が主な言語になります。書き方としては、英語と中国語と必要によっては日本語のレジュメも作成しておくと良いです。複数の言語で作成することで、ある程度のレベルまで教養をもっていることを見せることができるからです。就職をする企業にあわせて作成していきましょう。

当てはまりますか?日本人の台湾就職に必要な3つの条件


台湾で就職するためには、中国語でのコミュニケーション能力が必須となります。

一般的な会話はもちろん、ビジネスで使用されるレベルでなければ働くことは難しくなります。また日系企業で働くにしても、海外企業に就職しても中国語に加えて英語も必要となるはずです。一般職として台湾で働くためには、大学卒業ならば2年・短大専門学校卒の場合は5年の仕事経験(就業証明書)がなければなりません。

日系企業は時間的にも経済的にも新卒・未経験の人材を採用する余裕がないというのが現状です。新卒が欲しい時はビザの問題のない台湾人を採用します。

しかし例外として2012年7月以降に台湾の大学を卒業していれば、就業経験は問われなくなっています。また、ビザの条件もあります。日本人が台湾で就職するならば就労ビザが必要となり、このビザを発行してもらうには、最低月額賃金が約50000元と決められています。

この金額は一般の台湾での賃金よりも比較的高く、採用する側としてもどうしても相応の人材でなければ雇いません。これらの条件を見ても特殊な技術をもった人(美容師や飲食関係など)以外はただ海外で働きたいという気持ちだけでは難しいことだとお分かりでしょう。

では何があれば良いのかですが、語学力に併せてどの分野において会社に貢献できるかをアピールすることや、ひとつの分野に特化した仕事だけでなく取引先との交渉や調整などマルチな業務をこなす人が求められています。

台湾企業への就活にて、オンライン面接を受ける事になったら


今回は台湾での就職のためにオンライン面接を受ける時、受ける前の準備などを説明します。

まず気をつけないといけないのは、ある程度語学力がないと採用は難しいということです。
台湾には日本語堪能な台湾人スタッフが多く、日本人の現地採用は競争率がとても激しいからです。
日常会話レベルの中国語を話せると採用されやすくなります。
世界共通言語の英語ができるだけでも採用してもらえるのではないか、という考えを持つ人も居ますが、大半の仕事では台湾の公用語である中国語が必要になるので、英語のみとなると就職先はかなり限定されてしまいます。

語学力が問題なければ、次は面接を受ける時の注意点です。
まずはEメールでの会話となります、この時大切なのは、自分が実際に話しているように書くことです。
この後ビデオチャットが待っているので、いつも話しているように文章に書かなければ相手に違和感を与えてしまいます。
また、担当者の勤務時間中にメールを送ることで担当者の仕事時間に合わせ、多忙なスケジュールを尊重しているという好印象を与えることができます。
ビデオチャットでは担当者が指定するサービスを使いましょう。
適切なソフトウェアやアプリケーションをインストールするのはもちろんのこと、外付けのウェブカメラを用意することで高画質、高音質のスムーズなやり取りができるよう心がけます。
自宅で受ける面接とは言え、ルーズな格好ではいけません。
適切な服装で受けることにより、担当者に安心感を与えることができ、お互い集中することができます。
動き過ぎない、適度なボディランゲージも成功の秘訣となります、できるだけウェブカメラ側に姿勢を傾けることでぼやけの少ないビデオチャットが可能です。

以上の点に注意して、就職活動を成功させてください。